047

家庭用太陽光発電が広まりつつあるが、ソーラーパネルは屋根の上って決まっているものだと思っている方も多いのではないでしょうか。
じつは、そんなことはないんですよ。
屋根の向きが悪かったり、材質によっては設置の際にパネルの重量に耐えられなかったり、雨漏りが心配っだたり。
そんな方にはぜひ庭への設置をご検討されてみてもいいのではないでしょうか。
太陽光発電 庭 設置を詳しく調べてみましょう。
庭への設置なら高い屋根とは違って低い場所での作業ができるのでメンテナンスが楽にできます。
また、10kW以上の設置で産業用として扱えるので全量買取してもらえますし、買取期限も10年から20年となり、家庭用よりもだいぶお得です。
しかし、勾配のない場所では屋根よりも設置費用が高くついてしまいます。
ちなみにおよそ30度の勾配が必要と言われています。
また、お住まいの自治体によっては補助金制度が出るところもあるかと思いますが、たいていは、屋根に設置される家庭に限られている事が多いので、そのあたりの確認も必要です。
また、庭による設置ではいたずらや破損事故等の問題も否めません。
むやみに人が立ち入る事ができないようなガードも必要となってきます。
これらの事をふまえご検討されてみてはいかがでしょうか。

関連記事