Q. 太陽光発電システムの保守点検(清掃)について注意事項を教えてください。

A. 太陽光発電協会から、2016年12月に「太陽光発電システム保守点検ガイドライン」が制定されました。
ここに、「太陽電池アレイ面及び太陽電池モジュール面の清掃」という項目があります。
太陽電池アレイの洗浄については、太陽電池モジュール製造業者の推奨に従う旨が記載されていますので、メーカーの推奨通りに清掃することが望まれます。
一方、当該ガイドラインの制定に伴い、太陽光発電システムのメンテナンス業者が商機を見出して営業活動が活発になっています。
しかしながら、メーカーの推奨通りの清掃をしているか否かが不明です。例えば、清掃ロボットの使用や薬剤を用いた清掃を行うことによって、作業の合理化を図っている業者もあります。
太陽電離モジュールのメーカーによっては、水道水(低ミネラル) と柔らかい布、スポンジ、柔らかい毛ブラシ等を使用することが推奨されているところがあります。
洗浄剤を使用したりすると、コーティング剤の剥離などの恐れがあり、これにより発電効率やガラス面の反射率が高くなったりすることがありますので、メーカーのクリーニングガイドラインを確認しておくことをお勧めいたします。

太陽光発電について、私はここを参考にしました⇒太陽光発電 Q&A

関連記事


    この記事を読んでくださっている方で、実際に太陽光発電システムを設置されていない方も居られると思いますが、「太陽光発電ってどこのメーカーでも同じでしょ」、そうお考えの方って結構いらっしゃると思います。 …