036

【いつまで続くの?多くの患者さんが持つその疑問】

歯の治療は短時間で、できれば痛くない方がいい。
誰もがそう感じていると思います。

例えば身動きが取れない診療台の上で「神経を取ります」と言われると、
ほとんどの患者さんはただ「はい」とうなづきます。
でも、実際は「何をするんだろう」「痛みはないかな」などと
不安になる方も多いのではないでしょうか。
わざわざ断りを入れて行うその治療に、
患者さん自身も少なからずこれから何が始まるのか疑問を持つはずです。

ここでは歯の神経を取った後に根っこの部分を徹底的に消毒する
「根管(こんかん)治療」について説明します。
何度も歯科医院に通い、そのたびに痛い思いをしているのに
なかなか終わらないと感じるこの根管治療とは、一体どんなことをしているのでしょうか。

【根管治療がなぜ必要なのか?】

歯の根っこの部分を「根管(こんかん)」といいますが、この根管には神経がたくさん集まっています。
虫歯が進行してこの根管までたどり着いてしまうと、極度にしみたり痛みが強くなってきます。
おそらく、歯科医院に来るほとんどの患者さんがこのタイミングで“決心”するはずですね。

ここまで進行した虫歯の治療は、麻酔をして歯の神経を取り除くことが必要となります。
神経を取った後は根管内をしっかり消毒し、薬を詰めて細菌が入り込まないようにするのが
「根管治療」です。自分の歯と長く付き合える根管治療は、非常に重要なのです。

また虫歯だけではなく、歯を強くぶつけたり、いわゆるケガをすることでも
歯の神経が死んでしまうことがあります。
死んだ神経がそのまま腐ってしまって根の先端まで最近が入り込むと、噛んだ時に痛みが出ます。

ほかにも神経が死んだまま長い期間放置されることで根の先に膿が溜まることがあります(歯根のう胞)。
これは実際に歯科医院でレントゲンを撮った時にわかります。

いずれにしても「歯が痛い」と思うその原因の多くは細菌であり、
この細菌を根管治療によってきれいに取り除ければ、あの痛みの辛さから解放されるというわけです。

治療について詳しくはこちら⇒根管(こんかん)治療

【歯ぐきが白くなったり違和感がある時も根管治療が必要】

歯ぐきに膿が溜まったり、重度の歯周病にかかると、歯ぐきが腫れて熱をもつことがあります。
特に体が疲れていているときは免疫力が落ちていますので、注意が必要です。

また、すでに一度根管治療を終えたのに、歯の被せものの隙間から細菌が侵入すると、
骨の部分にまで炎症が起こる事もあります。そのようなときにも再度の治療が必要です。

歯ぐきに白いニキビのようなものができたら、それは膿が出口を探している状態なので
症状が落ち着いてから根管治療を行います。

このように根管治療ができれば、抜歯することなく
患者さんご自身の歯の寿命を延ばすことができます。
やっかいな細菌を徹底的にやっつけるために、何度も何度も消毒を行うため、
どうしても時間がかかるのです。

関連記事


    014

    美しい歯を再現できる “インプラント”という言葉はさまざまな場所で見聞きするようになり、 近年でとても“有名”な治療となりました。 歯の治療法の中には入れ歯や差し歯、ブリッジなどもありますが、 その…


    にこっと笑った時にちょっと気になる… 虫歯の治療をする際に用いる銀歯とセラミックの白い歯。 この2つには、見た目が異なる以外にどんな違いがあるのでしょうか。 歯科医院で虫歯治療をする際、詰めたり被せる…