にこっと笑った時にちょっと気になる…

虫歯の治療をする際に用いる銀歯とセラミックの白い歯。
この2つには、見た目が異なる以外にどんな違いがあるのでしょうか。

歯科医院で虫歯治療をする際、詰めたり被せるものが銀歯であれば
保険診療になります。
しかしその名のとおり見た目が銀色であることから
銀歯になる部分によっては写真を撮るときにニコッとしたり、
がはは!と大きな口を開けて大声で笑うのも気になる。
そんな方も多いのではないでしょうか。

また銀歯の場合は、歯と銀歯の間にほんのわずかながらも
隙間ができることは避けられません。
そのために経年劣化も含めて、虫歯ができやすいといえます。
そうなれば、再び治療によって歯を削ることが繰り返される
ことにもなりますし、また金属アレルギーへの懸念も
否めません。

一方、白い被せものや詰めもののことをセラミックと呼びます。
審美的(見た目)にも良く、経年劣化もなく隙間がないため
虫歯になることは極めて低いといえます。
しかし銀歯に比べて、保険がきかないため自費治療として
費用も高額になります。
気になる方はこちらのサイトも参考にしてみてください。⇒セラミックの白い歯

こんなところにも違いがあるのを知っておこう

歯科治療とは、ある程度の期間をかけて通院し、
詰めたり被せたり、抜いたり差し歯にしたりしてやっと完成します。

ところが「やっと歯の治療が完成した!」と、極端に固いもの
を食べてあっという間に割れてしまった…という
白い歯のセラミック素材について苦い思い出があるという方はいませんか?

銀歯は耐久性に優れていますが、セラミックは審美的に優れる
反面、銀歯に比べると割れやすいという側面があります。
そのため、固いものを好んで食べる方や歯ぎしりをする方、
日常の中で力仕事が多くかみしめる機会の多い方などは、
あえて銀歯を選択する方が望ましいかもしれません。

どうしてもセラミックを希望していて
歯ぎしり等で悩む方でも、諦めるのはまだ早い!
マウスピースを夜眠るときに装着するなどの対策はできます。

虫歯の治療=保険だし当然のことながら銀歯で妥協、ではなく
現代ではさまざまな方法で患者さんにも情報や知識が得られる時代です。
いつでもニッコリ笑える、そんなご自身の歯を選択していくことも
十分に可能ですから、気になった点はぜひ歯科医に相談してみましょう。

関連記事


    【いつまで続くの?多くの患者さんが持つその疑問】 歯の治療は短時間で、できれば痛くない方がいい。 誰もがそう感じていると思います。 例えば身動きが取れない診療台の上で「神経を取ります」と言われると、 …


    美しい歯を再現できる “インプラント”という言葉はさまざまな場所で見聞きするようになり、 近年でとても“有名”な治療となりました。 歯の治療法の中には入れ歯や差し歯、ブリッジなどもありますが、 その中…