働くママにとって、小学生の子供の夏休みの過ごし方は、大きな悩みになります。
自分が働いている間は子供と一緒に過ごせないので、どうやって過ごさせようかと毎日悩んでしまいます。
実家や義実家に預けたり、学童にお願いしたり、様々な方法がありますが、実際には、子供だけで留守番をさせているという家庭が多くびっくりしました。
小学校高学年にもなれば、留守番が出来る子もいると思いますが、低学年だとなかなか厳しいですし、やはり子供だけで家に残しておくのは親として心配があります。

よければ参考に
共働き 夏休み

祖父母の家に預けるという方法もありますが、あまりにも家が離れている場合や、子供がまだ身の回りのことを一人で出来る年齢ではないといった場合は、やはり気を遣ってしまいます。
夏休みという長期間預けることも気が引けてしまいます。
そこで、一番ベストだと思う方法が、学童保育に預けるということです。
夏休みでも学童は利用できることがほとんどなので、大人がしっかりとみていてくれる学童に預ければ安心です。
学習の時間や遊びの時間などが決められているところが多く、一人だと遊んでばかりで夏休みの宿題をやらないのでは?という心配もなくなります。
中には、塾講師がいてくれる学童もあるので勉強するにも学童はぴったりです。
おじいちゃんおばあちゃんにも会って、もう預けるところがない!という時には、学童を積極的に利用したいと思いました。

関連記事

    None Found